お好み焼きの関西風と広島風の違い

関西風のお好み焼きの特徴は,よく混ぜ焼きとも言われてて、ふっくら具合いが関西風お好み焼きの一種のステータスでもあり、またメインの具材は豚肉やイカやキャベツです。エビや紅ショウガなどを入れます。ソースは、色々なソースが使われていますが、基本的には“甘辛い”ソースです。


広島風のお好み焼きは、かさね焼きと言われており、関西風のとは対照的です。焼く際に生地と具材を混ぜて焼くのではなく、薄く焼いた生地と玉子の間にキャベツやそばなどの具材が層になっています。広島風お好み焼きは、関西風と違い、卵を上にのせて、単なる目玉焼きをのせる場合もああります。
広島風お好み焼き気は関西と違い、お好み焼きにそばが入っていることで、関西では中々ないです。そのため広島風のお好み焼きのソースは、一般の家庭では勿論のことお好み焼き専門店でも基本的にはオタフクのソースが使われています。
広島風お好み焼きは、関西風と違い、キャベツや焼そばがメインです。

今回は関西風のお好み焼きのご紹介です。難波のお好み焼き「鉄板焼てつ!」は、20種類以上のソースから選べるのが魅力の鉄板焼きのお店です。もちろんお好み焼きだけでなく、旬の食材も鉄板焼きで楽しめます。