食べたい時に食べるステーキは最高

僕は、「ステーキが食べたい!」と思ったらステーキを食べます。
自分が食べたいと思ったときに食べるステーキと言うのは本当においしくて、熱々のまま一気に食べてしまう時は少し肉の中の方を生にしていおいて、
ゆっくりと時間をかけて食べる時は中までしっかりと焼きます。
時間をかけて食べる時にはステーキは冷まってしまうので、中の方が生だとあまりおいしくなくなってしまいます。
逆に熱々で食べる場合には、やはり肉は半生の方がやわらかくて味も良いので中の方を生にして食べます。
ステーキと言うのはなんだか、ナイフとフォークを使って食べている時に特別な気分になります。
カチャカチャと音をたてながら食べるステーキはもう最高です。
ステーキを食べる時の感動はやはりステーキでしか味わえないと思います。
豚のステーキ、魚のステーキ、鳥のステーキと色々なステーキがありますけどやはりステーキといえば牛でしょう。
牛のステーキこそステーキの中のステーキです。
そんな最高のステーキが味わえる下関のステーキ屋に、今日も行こうと思っています。